お問合せホームへ戻る

2008年 関西支部活動報告

11月例会報告

日時 2008年11月20日(木)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

11月例会は、先月に引き続き当支部正会員による研究発表を行いました。講師の友沢さんはこよなく京都を愛し、ホスピタリティを浸透させつつ京都の国際性の向上を地元の新聞、雑誌等で訴えられている方です。主なる業務はホテル運営、マーケティング、顧客満足を主とする本来業務などコンサルティングおよび社内教育を幅広く手がけられておられます。またワインについても造詣が深く、サントリーソムリエスクール、大阪調理技能協会などの研修の講師も勤められています。今回のテーマは研鑽を積まれたホスピタリティについて多方面から考察したいとのことで「ホスピタリティ再考と自分再発見」についてお話くださいました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(15KB)

10月例会報告

日時 2008年10月17日(金)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

10月例会は、先月に引き続き当支部正会員による研究発表を行いました。講師の的場さんは主として料飲関係コンサルティング業務のほか、ご自身が持つ華厳宗(東大寺)大法師の資格により、受刑者への更正指導など幅広い社会奉仕活動に東奔西走されておられます。人の心と心の関わりを最も重視にされ、この分野の研究には一家言をもつユニークなコンサルタントです。お得意のテーマである人の心について、実務を通した体験談などを交えて職場のメンタルケアについてお話しいただきました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(22KB)

9月例会報告

日時 2008年9月19日(金)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

9月例会は正会員の難波理事に現在全世界に吹き荒れている「サブプライム問題」を通じて、今後の大阪不動産市場を大胆に予測していただきました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(19KB)

7月例会報告

日時 2008年7月29日(火)18:00〜20:00
場所 パノラマスカイレストランアサヒ

7月例会は暑気払いをかねて盛夏の一夕を、会員相互の情報交換により楽しみました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(9KB)

6月例会報告

日時 2008年6月20日(金)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

6月例会は当支部正会員で、運営担当理事をお願いしている掛川 毅雄氏に「キッザニア関西」の事業説明を、パワーポイントを使ってヴィジュアルな形で説明していただきました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(17KB)

5月例会報告

日時 2008年5月16日(金)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

5月例会は新阪急ホテルで社会人のスタートを切られ、その後新阪急ホテル一筋に数々の経験を詰まれ、轄繼}ホテルマネジメント代表取締役会長まで登りつめられた河田 一彦様から阪急ホテルマネジメントの経営状況につきお話いただきました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(16KB)

4月例会報告

日時 2008年4月18日(月)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

4月例会はこれまで銀行、ホテル、保険、ファンド関係実務・経営に携わり、この道にご造詣の深い海老池 雅司氏から ホテル会計におけるGOP 概念、経営視点 についてお話いただきました。これまで突き詰めて考えなかったGOP 概念や経営視点についてもう一度勉強することができました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(11KB)

3月例会報告

日時 2008年3月24日(月)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

3 月例会は難波理事のご紹介により、且O生オンユー・インシュアランス・マネジメントの涌波 和信氏をお招きし、宿泊業界、飲食業界が抱えるさまざまなリスクについて説明していただき、具体的な実例をも交えてお話いただきました。正会員はもとより関連事業を経営されるゲスト会員各位にも、リスク管理に参考になる事例も多かったことと存じます。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(9KB)

2月例会報告

日時 2008年2月15日(金)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

2月例会の講師は清水正会員のご紹介により、観光地、温泉地活性化のためさまざまな活動をされている観光業界専門紙「トラベルニュース社」代表取締役社長から、ジャーナリストから見た現地の状況についてお話いただきました。我々はとかく日常的には疎遠になりがちな観光地、温泉地の宿泊施設の状況を知り、これらをヒントに我々のクライアントに対する助言、支援の仕方を学ぶことができました。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(16KB)

1月例会報告

日時 2008年1月18日(金)18:30〜21:30
場所 ホテルイルクオーレなんば

1月の例会講師は難波会員のご紹介により一級建築士の 森 豊氏にお話をしていただきました。森氏は現代建築の設計活動を行う一方で、長期間奈良県の宮大工・棟梁に師事され木造建築の基礎を学び、茶の湯にも心を惹かれ茶人の美意識を研究されておられます。しかし、知識だけでは本質を理解できないとのお考えから、茶道に入門され師匠や数奇者から数奇の心を学び、数奇屋建築や民家等を手がけられています。その他海外でもタイ、ハワイ、米国本土などの設計業務でご活躍中です。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(11KB)

2007年 関西支部活動報告

12月例会報告

日時 2007年12月11日(金)18:30〜20:30
場所 道頓堀ホテル

12月例会は今年最後の例会となりますので、講師のスピーチを予定せず会員相互で過ぎ来し方を振り返りつつ、新年の抱負などを語り合っていただきました。時間の経つのを忘れ2時間45分の間3卓に着席した出席者は、途中から各テーブルを回り1年間の回顧や来年の抱負などを思い思いに熱く語り有意義な一夕でした。
例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(11KB)

11月例会報告

議題 「客室乗務員のトレーニングと機内サービス」
日時 2007年11月16日(金)18:30〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 高橋 亜比子氏
トルコ航空客室乗務員

11月例会は現役のトルコ航空(関空〜イスタンブール線)客室乗務員高橋亜比子氏から機内サービスの実態とそれにまつわるトレーニングについてお話をお聞きしました。実務を通じて体験された報道されていないエピソード、裏話などが皆様の教育関係業務の一助となればと期待しております。
講演要旨と例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(16KB)

10月例会報告

議題 「訪日旅行の現状について」
日時 2007年10月15日(月)18:30〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 前田 雅裕氏
財団法人 大阪観光コンベンション協会 観光部長

10月例会は現在JTBから出向中の(財)大阪観光コンベンション協会観光部長 前田雅裕氏から増加傾向にある訪日外国人旅行の現状についてお話いただきました。同氏はこれまで旅行業界一筋に歩まれ、豊富な知識を基に話される外人旅行について理解を深めることができました。
講演要旨と例会の報告をPDFファイルでご確認いただけます。(13KB)

9月例会報告

議題 「本当は恐くないアラブ・・・住んでわかった愉快な日常」
日時 2007年9月21日(金)18:30〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 工藤 好彦氏
株式会社関西キャリアサポート 代表取締役

9月例会は工藤好彦氏から3年間住んで体験したイスラム社会についての実感をお聞きしました。 連日の報道では血なまぐさく恐ろしいイメージを持つアラブ諸国のうち、バーレン王国に年間住んで体験したイスラム社会についての滞在して体験された実態について「本当は恐くないアラブ・・・・住んでわかった愉快な日常」と題した書物にまとめ、9月15日に株式会社文芸社より出版されました。 同国のホテル事情についても興味あるお話を伺うことができました。

7月例会報告

議題 「和食器の基礎知識と食器業界の現状」
日時 2007年7月20日(金)18:30〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 高井 和久氏
株式会社ささや陶器店 代表取締役

7月例会は「和食器の基礎知識と食器業界の現状」について高井 和久氏にお話頂いた後、暑気払いをかねた「納涼パーティ」を行いました。

6月例会報告

議題 「司会者から観たホテルの現状」
日時 2007年6月20日(火)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 紀平 真理氏
総合司会者

6月は、ファッションショー、ディナーショー、コンサート、各種セレモニーなどで幅広く司会者としてご活躍中の紀平真理氏をお招きし、仕事場として訪問されるホテルの現状は司会者の目にはどのように映るかを赤裸々に語っていただきました。

北京視察旅行

JHRCA関西支部の主催で、北京視察旅行を実施いたしました。

実施期間 2007年5月18日〜21日
視察訪問地 北京
参加者 9名
旅の行程 5月18日
北京到着後、中国のシンボル天安門・人民英雄記念碑を見学

5月19日
月から見える唯一の建造物万里の長城(八達峰)を見学
世界遺産 天壇公園・清朝皇帝の夏の離宮 頤和園を訪問
また、2008年北京オリンピック開催のメイン会場を車窓から見学

5月20日
終日自由行動

5月20日
紫禁城と呼ばれた故宮を訪問後、帰国の途に

5月例会報告

議題 「ホテル・レストランにおける次世代厨房システム構築への取り組み」
日時 2007年5月15日(火)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 西 耕平氏
ニチワ電機株式会社 取締役営業本部長 兼 東京支店長
兼 キッチンシステム総合コンサルティング室長

現在、連日TVのCMで関西電力が一般家庭向けにキッチン電化を盛んに放映しています。 5月例会は、このキッチン電化のプロ版として、ホテル・レストランにおける次世代の厨房システムについて学びました。講師の西氏はこの世界の造詣が深く、社外の要職にも着かれ多くの有名ホテルでコンサルティング実績をお持ちの方です。

4月例会報告

議題 「近畿圏地価の実態と予測」
日時 2007年4月20日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 難波 里美氏
鞄波不動産鑑定鑑定 代表取締役
JHRCA関西支部 理事

3月23日に新聞各紙は、国土交通省が発表した2007年1月1日時点の地価公示価格を掲載しました。 3大都市圏は高い伸びを示したとのことですが、ここでも都市と地方の「格差」が表われております。 そこで、わが近畿圏の地価動向について、土地について造詣の深い難波正会員にお話しいただきました。

3月例会報告

議題 「私が海外で体験し学んだことと、帰国後に感じたこと」
日時 2007年3月16日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 杉山 靖子氏
ラマダホテル大阪 副総支配人 兼 宿泊部支配人

3月の講師は、昨年8月にラマダホテル大阪(元東洋ホテル)の副総配人に着任された杉山靖子氏をお迎えしました。杉山氏は大阪の都市ホテルでは初めてともいえる女性の副総支配人です。学校を出られてから人生の多くを、海外のホテルおよび観光事業に費やされたユニークな経歴をお持ちの方で、海外で体験され学ばれてことを、帰国後の日本で体験されたことと比較しながらその相違をお話いただきました。

2月例会報告

議題 「本当のお客氏とは?」
日時 2007年2月16日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 吉澤 康雄氏
株式会社クロバー 代表取締役社長
京都経営者協会 理事、社団法人 京都経済同友会 会員、
京都南ロータリークラブ 会員

2月例会の講師は、京都で手広く洋菓子等の製造・販売の傍ら、活発な講演活動もされている株式会社クロバー 代表取締役社長 吉澤康雄氏に、実体験を通したお話をいただきました。 日ごろ感じそして考察されているお客様について、自社のサービスや商品を通じ「本当のお客様」とはどのような方々なのかを解明していただきました。

1月例会報告

議題 「無意識で共感するコミュニケーション〜あなたの成功とゲストの幸せのために〜」
日時 2007年1月19日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 にしだ☆としこ氏
コミュニケーションコーチング 主宰

2007年冒頭の例会講師は当支部ゲスト会員 西田淑子氏にお願いし、同氏が前世紀の「量から質へ」と変わったように、21世紀は「モノ」や「情報」が行き渡った結果、人々が求めるものは「心のふれあい」と考えられ、結論として「ホスピタリティ」を具体的にどのように接客現場で実践するか、どのように「心」は伝わるのかを実践を含めてお話いただきました。

ページトップへ

2006年 関西支部活動報告

12月例会報告

日時 2006年12月14日(木)18:00〜20:30
場所 ニューミュンヘン倶楽部 心斎橋店

12月例会は例年通り忘年会を実施しましたが、その前に正会員を対象として「JHRCA2006年度総会」を行いました。 忘年会では、会員相互の過ぎ越した1年のコンサルティング活動を回顧しつつ情報交換を行うことができました。

10月例会報告

議題 「ホテル再生・買収における財務的分析とその手法」
日時 2006年10月23日(月)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 片岡 万枝氏
TWCアドバイザリー株式会社 トランザクション・マネジャー

10月例会はTWCアドバイザリー株式会社(旧 中央青山監査法人)トランザクション・マネジャー 片岡万枝氏により、監査に関するお話を伺いました。

4月例会報告

議題 「耐震構造」と「アスベスト」問題
日時 2006年4月21日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 今西 頼久氏

4月の例会は、我々がクライアントに対し相談、指導する上で必携の知識として、 「耐震構造」と「アスベスト」問題について、 関西支部ゲスト会員の今西頼久氏(今西建設叶齧ア)に説明をいただきました。 図面データのグラフなども使われ克明な説明があり、一同知識を深めることができました。
要旨は以下の通りです。

[ アスベスト問題について ]

  • アスベストは不動産取引の際には必須の説明事項で、鉄骨は火災時に700℃で曲がるので昔は断熱材に多く使われた。鉄骨を使ったビルは要注意。
  • アスベストには「青」「茶」「白」の三種があり、青と茶の発がん性は強く大分前に使用禁止にされたが、弱いとされた白も昨年より禁止になった。
  • アスベストは、断熱効果があるため一般家庭でも随所(屋根、軒先、天井、壁、間仕切り、床など)に使われており、特にビルの電気室、ボイラー室は多い。
  • ビルの所有者はこの点に注意し、購入、賃貸の契約時の重要事項としてアスベストの検査の有無の説明義務がある。

[ 耐震問題について ]

  • 不動産のマーケットから見た耐震問題として今回の問題を引き起こした検査機関のERIやイーホームズには銀行も融資を止め、58年以前の旧耐震基準のビルの資産価値は下がっている。
  • 構造計算書の偽造を生んだ背景には、マーケット、業務構造、チェック体制に甘さがあり、東京から始まった地価の上昇、石油の高騰なども販売価格抑制のための一因になっている。
  • 設計作業の流れとチェック機能は、コストを安くするためデザインを設計する設計事務所の下請けの構造設計では、数値を誤魔化せば比較的容易であり、検査機関もこれが見えない。
  • ビルの所有者と賃借人がとる対策としては、新耐震基準の検査、旧耐震基準の補強の有無を確認しておかなければならない。
  • 契約時に確認しておく事項としては、住宅性能、設計性能の評価制度をあらかじめ理解しておき、耐震診断の有無を確認し、安すぎる物件に要注意。日常的にチラシなどで相場はチェックできる。さらに、契約後の保障の問題もチェック事項。
  • もしあなたのマンションの耐震性に問題があれば、これは買い手と売主、売主と施工業者、施工業者と設計会社の対立の構図が問題になり非常に複雑である。積立金で耐震検査をしておくことは必要だが、問題があり建替え、補強工事の保障となると責任の所在が不明確で、原点である設計会社には資産がなく保障能力はないと思わなければならない。

3月例会報告

議題 「ホテル内の上手なトラブル対処法」
日時 2006年3月16日(木)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 辻本 希世士氏

3月の例会は、関西支部新入会員の弁護士 辻本希世士氏に「ホテル内の上手なトラブル対処法」と題し、 法律から見たホテル側の考え方を講話をいただきました。 個々に細かな事例を挙げ具体的に説明されたので、活発な質問もあり一同の理解につながったと考えます。
要旨は以下の通りです。

  • トラブルは二人の人がいるから喧嘩になるという原理をわきまえ備えておく。
  • 宿泊客との関係は宿泊契約が成立しているので、約款に定めた「泊める義務」「安全配慮義務」「建物の無過失管理義務」を念頭に、「義務を怠った」と指摘されないように、「義務を知って義務を果たす」ことを教訓にする。
  • 盗難事件などには、ホテルに重大な過失がない限り商法594条、595条等の適用を考え、「約款の有効性」を考慮する。ここでは教訓として、「注意して約款を作ること」「約款の効き目の限界を知る」「損害の立証責任は損害を蒙った顧客にある」ことを知っておくことの重要性を述べる。
  • 従業員との関係についてはホテルに多い「長期雇用の日雇い労働者」を、単純な日雇い労働者と見るか、終身雇用の社員と同様に扱うかについて、法律は「中間的な身分」と見る。よって、「整理解雇の4条件」と照らして判断すべきとし、「従業員の身分保障の程度を知る」ことを教訓に挙げる。
  • 「最良のトラブル対処法はトラブルの予防である」とされ、過去に起こった事件を基に対処するよう力説された。

なお、問題解決のために弁護士と相談する場合は、一時的な相談料は30分 5,000円、 顧問の場合の顧問料の月額最低額は30,000円〜50,000円が、 弁護士会の規定として定められているとのことです。

2月例会報告

議題 「こうやってタレントは作られる。芸能界のウラ話」
日時 2006年2月24日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 福田 和美氏
潟uルースプラッシュ 代表取締役
イベント業務管理資格者 ブライダルプロデュサー

2月の例会は、長年エンターテイメントのプロデュース関連事業に携わり、 タレントの発掘、養成、興行、CMの制作などの第一線で活躍されている福田 和美氏をお招きしました。 女性起業家として関西に本拠を置く数少ないタレントプロダクションとして、 「夢と感動を与えるオンリーワン」を目指す野心家です。
若い世代の方々と接触の多い会員皆様方のお仕事に、 福田氏の話からヒントや参考事例をお持ち帰りいただきました。

1月例会報告

議題 「関西空港を取り巻く環境と課題について」
日時 2006年1月20日(金)18:00〜20:30
場所 ホテル イルクオーレ難波
講師 小林 俊一氏
全日本空輸株式会社 関西空港支店 支店長

1月例会は、神戸空港の開港を目前にして関西3空港の諸問題について、 航空関係の専門家でいらっしゃる小林氏からご講話を伺い、 3空港のホテル・料飲業界にもたらす波及効果、影響などを考えました。

ページトップへ

2005年 関西支部活動報告

12月例会報告

議題 「食の商いを通じて学んだこと」
日時 2005年12月21日(水)18:00〜
場所 がんこ寿司 宗衛門町店
講師 小嶋 淳司氏
がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長
関経済連合会 理事、関西経済同友会 代表幹事
大阪料飲経営協会、日本フードサービス協会  各会長を歴任

12月例会は、例年通り講話と忘年会を実施しました。
今年は現代の立志伝中の経済人と評される「がんこフードサービス」の小嶋会長様にご講話をいただき、 事業の成功の秘訣などを伺いました。 講和後は、鍋料理を楽しむ忘年会をいたしました。 小嶋会長様には年末のご多用中ながら、ご無理をお願いして時間をとっていただきました。

ページトップへ